おばあちゃんの家

くらし

築45年の祖母の家
私が生まれる前からある、藤沢のいえ
大学生の頃、1年間住まわせてもらったこの家と
とうとうお別れする時が来ました。

fujisawa-house

今では珍しい、掘りごたつのあるこの家は
おばあちゃんのおかげか
なんだかちょっと
時間が止まったような場所 でした

私が住んでいたのは、たった1年間だったけれど
幼い頃の思い出もたくさん。

おじいちゃんが掘りごたつを丁寧に掃除していた姿や
机の引き出しの中にしまってある、抹茶飴がすごく美味しくて
おじいちゃんの部屋にもらいに行ったこと

おばあちゃんの炊いてくれるご飯が、すごく美味しかったことや
出してくれるタオルがふわふわで、いい香りがしたこと
お味噌汁の大根が細切りで
これがまた 美味しかったこと

破れた襖の穴を隠すのに
プリクラを貼ってくれたこと

藤沢の家居間

思い出すと
おじいちゃん、おばあちゃんとのいろんな場面が出てくる
この家がなくなるのは
やっぱりさみしいです

私が見ていたのは、ほんの一部分だけだけど

丁寧な暮らしが
この家にはあったような気がします

fujisawa kitchen

おばあちゃんが台所に立つと
かつおダシのいい匂いがしてきたのが

今でも鮮明に浮かびます

100歳近くまで
毎日家事をしていたおばあちゃん

普通のことを 丁寧に

私の理想は
おばあちゃんのライフスタイルに
繋がっているのかもしれないな・・・

何を大切に 何を考えて過ごしていたのかな

お年寄り扱いされるのを嫌い
いくつになっても女性らしく
つよく
凛として綺麗だったおばあちゃん

一緒に暮らしていたあの時間に
もっといろんなことを聞いておけばよかったなぁ・・・と
今になって思うのです。

おばあちゃんが使っていた和食器たち
ちょっとだけ我が家へ引っ越し

和食器

丁寧な暮らしを思い浮かべながら
大切に使いたいと思います

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30