念願の在宅勤務

頭の中

目に見えないウィルスに
世界中が振り回され
なんだか映画の世界が現実になったような
ここ数ヶ月

漠然とした不安と
どこかまだ 他人事
な狭間で過ごしていた2020年2月下旬

小中高の臨時休校要請が出され
いよいよ
通勤電車もリスク高いよ
という思いがザワザワと疼き

家族にうつすリスクも心配…

通勤電車に乗るか否か
これはもはや
自己責任かな、と

会社の判断を待っていたら
いつになることやら・・・と思い
会社に直接 ご相談

次の週から
期間限定で
在宅勤務をさせてもらうことになりました

昨年・・・

近い将来
場所を選ばず 電車に乗らず
自由に仕事がしたい
という思いもあり
Webデザインの仕事にキャリアチェンジ

しばらくは修行期間として就職したのだけど

早くも
こんな形で在宅勤務が叶うとは。。。

去年の今頃は想像できなかった

念願の在宅勤務が実現し

・満員電車に乗らなくてすむのでストレスフリー
・無駄な疲労感がない
・通勤往復の3時間が自由に使える
・洗濯する日を焦らずに決めなくてすむ
・夕飯の準備ができる
・お化粧しなくても問題なし
・ついついコンビニで無駄遣い がなくなる

最高か

仕事も
自分の業務に集中できるし
会社の人とのコミュニケーションも、ツールがあるので問題なし
(と私は思う)

デメリットといえば
運動不足が加速する
くらい かな

在宅で仕事ができると
週末の過ごし方にも変化

今までは
平日にできない家事や自分のやりたいことを
週末にまとめてやろうとしていたので
“週末が勝負!”
だった

あれもこれもと
結局あまり気持ちが休んでいなかったな と

通勤時間がないと
平日に家事ができ
自分の時間も取れる

やりたいことを
やりたい時に
これぞ 私の目指す理想形

思わぬところで
理想を体験

 

コロナウィルスがもたらしたのは
マイナス面も大きいのだけれど

今それが起きたのには

それ、本当に必要?
と見直しを問われている気もする

世界中を巻き込み
なかなか収束しない
見えない敵に
人々がてんやわんやしているのを見ると

いい加減見直し、気付きなさいよ・・・と
神様からの
最終通告のような気もしてしまう

今まで当たり前、と思っていたことから
視点を矯正されているような
本当に大切なこと
に気づくことが必要なのだよ

仕事の仕方も然り

働き方改革は
生き方改革

いろいろな形があって良い

自分に合った働き方が
実際にリモートワークを経験してより明確になった

家での仕事の仕方
仕事の内容
勤務形態などなど

在宅勤務にもイロイロなやり方がある
今回がベストではない、とも思う
わがまま、と言われればそれまでだが
できるだけ理想100%に近付けたい

働きたいように
働きたいのだよ

会社の勤め方も
もっと選択肢が増えれば
働きやすく
結果、パフォーマンスも上がるだろうし
会社にとってもメリットだと思うのよ

在宅やフレックスはジャンジャン取り入れるべし
と思うのだけれど

 

仕事も個々でする時代といわれて
だいぶ経つ

会社のネームバリューは昔ほど意味を持たない

誤魔化しが効かなくなる
というのも
会社勤めをしていても感じる

昔聞いた”腰かけ”さんは通用しなくなるだろう

好きな事 ではない事で
稼げるほど甘くはない時代になる
というのも改めて実感する

自分に合ったスタイルで働くために
一人一人が見直し
社会全体もシフトチェンジが必要
ってことなのかな

自分の理想を叶えるには
フリーランスしかないのかと思っていたけど

それも思い込みの当たり前だったのか

思いがけないことが現実になる今
可能性は無限

ある人は
週5日勤務も 戦後の高度成長期の流れが残っているだけで
今は週5日も勤務する必要性はない、という

当たり前が変わっていく

この波に乗って
会社も改革が進むといいなぁとひっそりと祈りつつ

自分も当たり前と
決め付けていた視点を見直して
進まないと だね

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

*読者登録*

メールアドレスをご記入下さい。
記事更新のお知らせをメールでお知らせ致します。

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930